TechneFFA

日本代表テレビ観戦

CONTENTS PAGE コンテンツページへ

昨日は日本vsベネズエラ

こんにちは。コーチの増田です。
昨日はやっと久々に代表戦を90分テレビで観ることができました。
やっぱり90分通して観るのが面白いですね!

ただ…残念な結果になってしまいました。
個人的にはベネズエラの選手達のプレーが上手くて、速くて楽しかったんですがやはり日本にもう少し頑張って欲しかったですね。

気になったシステムの穴

日本のシステムは4-4-2。前線の二人がいつもの縦関係というより横並びに近い形でスタート。
メンバーも大幅に代わり合わせる時間がない中で日本人にとって最もベーシックな形をチョイスしたのでしょうか?
その時点でもっと攻めた采配して欲しいなぁと思いました。

そしていつもは前線の縦関係で埋めている中盤と前線の間のスペースにベネズエラは人もボールも次々と出し入れして、日本のプレスの奪いに行くポイントを絞らせませんでした。
しかもパススピードも速く、トラップの質や向きもすごく良かった。
南米の中であまり強いと思われていないのかもしれませんが、南米選手権なんか観たらめちゃくちゃ良いですからね、ベネズエラ。

ミスしてもらわない限りボールに触ることすらできないんじゃないかと思うくらい、全くでしたね。

後半日本が少し良くなったのは前線二人がいつもの縦関係になり、スペースが埋まったから少しプレスがはまりだした…これが大きな要因だったと僕はみてます。

なぜ、代表レベルでその修正を前半でやらないのだろうかと不思議になりました。

闘う姿勢

後半、相手が明らかにペースダウンし、前述したようなポイントが改善され、なんといっても闘う姿勢がようやく前に出ましたよね。
やっぱり球際でガツンと当たりにいったり、単純にひたむきに走る、跳ね返されても立ち上がってまたトライする…そういう部分は前半ほとんどなかったので戦術以前に大切ですよね。

何より観ていて気持ちが良い!!

テクネのスクールでも一生懸命挑戦し続けること。諦めない。そうすれば出来ないことも出来るようになっていくとは常々言ってますがまずそこだなと。
今日からまた観て学んだことをスクールで伝えて行きたいと思います。

定員15名の少人数でみっちりと個人技術をトレーニング。
それぞれのレベルに合わせて目標を明確に、そこにたどり着くための挑戦する大切さを伝えています。
ぜひ一度体験してください。

TechneFFA

MENU